Takarazuka Viva La Vida

初観劇から一年弱の宝塚ファンの徒然日記。はまると、とことんはまる性格なので、沼から抜け出せない。丸の内で社会の波にもまれながら、宝塚に潤いをもらって生きている。

まなトートの凄み~エリザライビュ感想~

 

 

 

宙組の皆様!!本当に本当にお疲れ様でした。

大作のプレッシャーを見事はね返し、最後まで演じきった一人一人を

心から讃えたい気持ちでいっぱいです。

 

さて、ライビュ感想ですが…

宙組トップスター朝夏まなとの凄さを存分に味わう3時間でした。

「最後のダンス」で途中音が外れてしまったところもあったんだけど

(シャウトにしてもちょっとあってない感じがしたので、そういうアレンジではないよね…?)、

そんなハプニングに動じず最後まで堂々と歌い抜くとこも含めて、

ただただすごいなと思ったのです…。

難しいお歌が多く、めちゃめちゃ集中力いる作品で、

そこで、「うわーミスったー」とか、自暴自棄になったりとか、

凡人なら全然あり得ると思うのですが、

まぁ様は、ただただ目の前の演技に真剣に向き合う、舞台人でした。

その後も、お歌大丈夫かなぁ…とハラハラしていたのですが、

問題なく素晴らしい歌声を響かせてくれていました!!!ほんっとーにすごい!!!

 

あとは、「死にたいのか」が、

すっごい気迫で、うおおお!!ってなりました(語彙力)

なんというか、普段のまぁ様からは考えられない。

全体を通してなんだけど、そこにいるのはトート以外の何者でもない、という感じが…。

 

そして、昇天のシーン、あんな優しい笑顔でみりおんシシィを見つめていたんですね…。

今までのシシィの苦悩を包み込む、優しいいいいい微笑みでした。

これはライビュでなければ気づけなかった演技。ありがとうございました。

 

フィナーレのデュエットダンスでも、またみりおんに優しい笑顔を向けて

投げキッス…

この時の笑顔は、一瞬だけ素の朝夏まなとに戻ってた気がして。

よかったね!って思いました(誰目線)

 

その他、印象に残ったことを少し。

 

■ 愛ちゃんルキーニ、こんなかっこよかったっけ

■ 黒天使、もっと映してほしかった

■ みりおんシシィが綱渡り転落から意識を戻したときに、シシィママの目から涙が…!

■ 「嵐も怖くない」の後の、フランツとシシィのキスが映らなかった…全国の真風ファンの心中お察しします

■ 「最後の証言」の真風の歌がめちゃくちゃ力強かった!!!!

■ あっきーエルマーは相変わらず高貴な美しさを放っていた

■ フィナーレの男役のナンバー、真風抜きすぎじゃ…もっと愛ちゃんとかずんちゃんとか映してよかっただろうに…

■ 天玲さんにお花渡した後、歌っているあっきーのお顔は、しょんぼり笑顔でした。かわいい…。

 

ライビュは初めてだったけど、細かい表情が分かりやすく、音声も聞き取りやすく、最後の最後まで挨拶映してくれたし、

かなり満足度高い!!

 

宙組の皆様、ほんとにほんとにお疲れ様でした!!

すぐ全国ツアーのお稽古かもしれないけど、ちゃんと体を休める時間がありますように…!